電子定款と定款認証について

株式会社を設立する時には公証人役場で定款認証を受ける必要があります。

従来は、紙の定款のみが認められていましたが、現在では電子定款を利用した認証手続きも可能になっています。電子定款は電子データを利用して公証役場で認証手続きを行う時に利用する定款を意味しています。

定款を作成する場合、紙に手書きで記載を行う人もいるかと思われますが、現代はパソコンがありますので、定款もワードを使って作成する人も少なくありません。

ワードは電子データの定款を作成することが出来るソフトウェアではありますが、ワードで作ったものは電子定款ではありません。定款は公的書類の一つであり、会社にとってとても重要なものです。

契約書に実印を使う時には実印の証明書を添付するのと同じで、電子定款も署名捺印が必要になります。但し、ワードの状態では電子署名を追加することが出来ませんので、PDFに変換する必要があります。

PDFには電子署名の追加が可能ですが、追加するためにはPDFを編集する時に利用するAdobe社のAcrobatを使わなければなりません。

最近はフリーウェアで複数のPDFを1つのファイルにまとめることが出来る、ページの削除が出来るなどが多くありますが、これらは電子署名を追加することは出来ません。

電子署名には証明書が必要になるため、役所で電子証明書の発行をお願いするなども必要です。後は、事前に公証役場と打ち合わせを行い、電子定款認証手続きを開始すれば良いのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *