一般人が電子定款を作成するには

電子定款はこれまでの紙の定款が電子ファイルになったものと考えることができますので、一般の人であっても作成ができないわけではありません。

この場合はある程度の知識があることと、必要な機材がそろっていることが前提となります。そうはいってもいくつか細かなルールがあって、それは紙の定款とは違った電子定款に独特のルールの場合もありえますので、しっかりと対策を練っておくことも重要です。また紙の定款と電子定款の両方に共通することですが、株式会社を新設しようとする場合の定款については、法務局に提出する前に公証人からの認証を受けておかないといけませんので、通常は公証役場を訪問する日時などのアポイントメントを取るとともに、素案をファクシミリなどで送付して定款の内容の誤りなどがないかどうかをあらかじめチェックしてもらうことになります。

電子定款は認証を受ける際には法務省登記・供託オンライン申請システムのサイトから申請をするため、そのプラグインなどはパソコンにインストールしておきます。ほかにも公的個人認証サービスのプラグインやPDF作成ソフトなども必要です。あわせて電子証明書を格納したマイナンバーカード、電子証明書を呼び出せるICカードリーダー、コンパクトディスクなどの記録媒体などの機材にあたるものも準備しておきます。その上で電子定款を作成することになりますが、作成そのものは通常のワープロソフトで行い、それをPDF作成ソフトで電子ファイル化し、あわせて電子署名を付与します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *