電子定款のメリットとデメリット

電子定款は、会社の基本的なルールを定めたものです。

以前は紙で提出していたものですが、近年はそれを電子データで作成する事が出来るようになりました、現在では公証役場でも認証を受け付けております。電子定款は思いつきですぐに始められるものではありません。行う際には用意すべきものがあります。まず。PDFファイルへの変換ができるソフトが必要です。だからといってどのソフトでも良いわけではなく、デジタル文章が正しいことを証明するための「電子署名」が挿入できる機能が付いたものが必要で有料のソフトとなります。

FDFファイルへの変換が完了した後は電子署名を付けます。市町村役場で住民基本台帳を取得するか、ご自身のプラスチックのカードが必要となります。マイナンバーカードを利用する際には、窓口で電子証明書発行手続きを行う必要があります。電子定款のメリットとして、契約書などの経済取引に伴い作成される文章には印紙税法によって課税されるため、紙の定款の場合は4万円の収入印紙を買う形で印紙税を納める必要がありますが、電子定款を作成した場合はそれは不要です。

そういった費用が掛からないのがメリットです。ただし、電子定款を作成するにあたり、そのための機器やソフトを利用しなければいけないので、必要な機器やソフトを購入するとかなり費用が高くなってしまい、印紙税を節約する事が出来ても、機材などで費用が掛かってしまうため印紙税代よりも高くなってしまう場合があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *