電子定款に付与する電子署名とは

会社設立時の定款は、以前は紙の定款のみで、定款の変更を行う時のイメージが分かりやすくなっていました。

しかし、電子定款の場合には、どのように変更するのかイメージがわかない人も多いのではないでしょうか。紙や電子定款に関係なく、設立時に認証手続きを行ったものを原始定款と呼び、これを変更するのではなく定款変更した内容を添付する形になるのが特徴です。電子定款は証明書を付与してある文書で、電子署名を挿入してあります。

重要な契約書にサインを行う、そこには実印を使って捺印を行うことになりますが、これは紙の文書の場合であり、実印を捺印することや契約書へのサインは本人であることを証明する目的があります。さらに、実印の場合は印鑑登録が行われたものを使う、印鑑証明書を文書に添付するのが一般的ですが、電子データの場合は、電子署名や電子証明書を付与することで紙の文書と同等の証明が可能になるわけです。

電子署名を付与する場合に必要になるのが、Acrobatと呼ぶソフトウェアで、フリーウェアの中にはPDF変換やページ挿入などの機能を持つものもありますが、電子署名を付与できるのはAcrobatのみです。尚、電子署名を行うためには、デジタルIDを取得もしくは作成する必要がありますが、法務省のオンライン申請システムを使ってデジタルIDの取得が可能です。デジタルIDを利用してPDFへの署名を行い、署名が付いているPDFをオンラインシステムを使って公証役場に送信する流れになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *