電子定款認証と電子署名挿入機能について

電子定款と聞いた時、印紙代の4万円が要らないので節税ができる、会社設立費用を削減できるなどのイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

定款認証手続きを行う場合も、電子データを利用した手続きになるので、公証役場に出掛ける手間を省けるメリットを感じる人も多いと言えましょう。確かに、これらのメリットはないわけではありませんが、電子定款は電子データの中でも改ざんができないPDFと呼ぶファイル形式に指定が行われていることやPDFの中でも電子署名挿入機能が付いているソフトウェアのAdobeAcrobatが必要になるなどの特徴を持ちます。

電子定款に付与する電子証明書は、住まいの住所を管轄している役所で受け取ることが可能です。この時、住民基本台帳カードやマイナンバーカード、自動車の運転免許祖などの公的証明書を持参する必要がありますが、受け取った電子証明書はICカードリーダーを利用してPDFに挿入する形になるので、ソフトウェアおよびハードウェアの準備も必要になります。電子署名は電子定款を作成する時以外にも利用するケースがあるので、ソフトおよびハードの準備を行っておけば、会社経営の中で利用ができるメリットもあります。

電子署名はデジタル文書に付与する署名のことを意味しており、紙の文書に行う印鑑や手書きサインと同等の意味を持つものです。印鑑などの場合は、実印を利用して捺印をし、さらに印鑑証明書を添付する形で行うのが特徴で、印鑑証明書および実印は本人が認めた証になるものです。電子証明書も電子定款は本人が作成したことを証明するために必要なものになるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *